脱・使い捨てマスク。Mask de 365

日常着ファッションとしてのマスク
「Mask de 365」

マスクはすっかり日常着として定着してしまっていますが、使い捨てのマスクを使われてる方が多いように感じます。手軽だし、どこでも手に入るという面では便利です。また、メディアでウレタンや布マスクより”効果がある”とされていることも手伝っていると思います。
ただ、インフルエンザのときやコロナ禍でも、医療の専門家は、マスクは「感染者が他人へ移さないためのものであり、予防効果はない」と言っています。いつの間にか、「予防になる」かのような空気になっていますが、そういう根拠はありません。もちろん、例え薄くて粗くても布1枚へだてることにより何らかの効果がなくはないでしょうが。

とにかく特に他人がいる場所でマスク着用はマナーになっています。それほど日常化しているマスクなのに、間に合わせのような使い捨てマスクばかりというのは、楽しくないし、フィッティングが悪かったりするので不快だったりします。

一方で使い捨てではないマスクもたくさん出ています。素材もいろいろ、デザインもいろいろ。気に入ったのを選んで使えばよいと思います。

そんな選択肢のひとつとしてこの「Mask de 365」をしたいのです。理由は、とても快適だからです。この快適さを多くの人に知ってもらいたい。もうひとつは、結果的に経済的なのです。先に経済的である理由を説明します。

*ご購入はこちら*

経済性について

1枚1,650円(税送料込み)なので、一見高いと思いますが、丈夫なので何度洗っても新品のような風合いが損なわれないのです。ですから、大量の使い捨てを買うならこれ1枚持っておく方が、はるかに価値があります。ゴミも出さなくてすみます。

使い捨てマスクの単価が平均26円という情報がありますので・・・「1650円÷26=63.46=だいたい63枚分」つまり、Mask de 3651枚で使い捨てマスク63回分の単価です。

「Mask de 365」は、洗って使うので少なくとも63回以上使えます。丁寧に使えば、おそらくその10倍は使えます。理由はあとで述べます。使い捨てマスクの不快感と「Mask de 365」の快適さやデザイン性を考え合わせるとさらに10倍は値打ちがあります(笑)

両方で100倍、詐欺師のような説明ですが(笑)、まあそのくらい値打ちがあると思います。

その理由を詳しく述べていきます。

常に使い捨てマスク63回分と同じだと言うことを念頭に置いて聞いてください。

マスクの快適構造について

このマスクはマスク屋さんではつくっていません。そして、スポーツウエアやワーキングウエアに使われる機能素材を使って作られています。最近のスポーツウエアやワーキングウエアは、技術の進歩によって伸縮性や発汗性に富んだ生地で作られていますが、このマスクはそういう生地を使っています。

そしてその生地の特性を組み合わせて二重構造にしてあります。これによって、飛沫拡散防止効果と息のしやすさを確保しています。これは、現在特許出願中です。
さらに内側の生地には、冷感タオルに使われる生地を使っており、つまり冷感タオルと同じ効果が得られるわけです。具体的に言えば、水に濡らして空気に触れさせることで、温度が下がるので冷たくなるのです。暑い夏でも快適に着用できるワケです。これも特許出願中です。
もうひとつ、ノーズ部分には口臭を緩和させる効果のある布を使っているので、長時間着用した際に、口臭がひどくなるのを抑制します。これも特許出願中です。

そして、着用面の特徴として、耳紐に長さを調節できる仕組みが付けてあります。スポーツウエアでよくある機構です。

マスクによっては耳が痛くなって困るという声も聞きますが、これなら自分に合った長さに調節できるのです。

デザインについて

最後になりましたが、とても重要なデザイン。日常と化したマスクは装いのひとつです。お洒落に気を遣う人達が使い捨てマスクを使っているのが不思議です。このマスクは鼻から顎までをカバーするデザインで、スポーツウエア的に考えてあります。伸縮素材なのでフリーサイズでどなたの顔にもフィットします。まるでスポーツウエアのように心地よいフィット感なのです。ノーズ部分に丈夫なワイヤが入っているのでそこでしっかりホールドし、メガネが曇りにくいのも特徴です。

基本カラーも服装やTPOを考えた汎用性の高い色を選択しています。そして10着以上のご注文なら、なんと39色からお選びいだけるのです(オーダー製造)。このマスクがこういう特徴をもっているのは、最初に言いましたが、このマスクはマスク屋さんではつくっていないからです。

商品開発をしたのは、スポーツウエアやワーキングウエアの商品企画をしている会社です。皆さんが良くご存じのメーカーの商品も開発しています。ですから、そこに使われる生地には精通しているのです。そして、実際に縫製をしている工場もそういったウエアを作っている工場です。

その結果、快適で丈夫でファッション的にもいい感じのマスクが生まれました。実はこのマスクは、Makuakeのクラウドファウンディングで誕生したのです。

日常着のマスクとして。

このマスクは、特に長時間マスク着用が必要な仕事の方や現場仕事の方などに重宝がられています。

しかし、一般的な利用でも十分に値打ちがあると思います。

ちなみに私は試作品から約2年使っていますが、生地やフィッティング感、その他の劣化は、まったくありません。もうどれだけの回数洗濯したでしょう。

このマスクは、大量生産ができないので、販売しているところが限られています。現状では、一般的に販売しているのは当店だけです。ぜひ一度この快適性を体験してみて欲しいのです。

使っている方からの感想は、わざとらしくなるのであえて載せませんが、みなさん単価は気にならないと言っています。それより得られるメリットの方がずっと大きいわけです。

マスク生活がいつまで続くのか分かりませんが、日常着として脱使い捨てしませんか?

*ご購入はこちらから--->>>Real Natural Style


お手入れなど


洗濯

洗濯はネットに入れて洗えば簡単です。干すときは、マスク本体をピンチではさんで。ノーズのワイヤーは、曲がったままでOK。着用時にフィットさせます。ガンガン洗っても生地がへたりにくいので、気にせず洗ってください。選択後のマスクは気持ちイイです。

夏は、クールに。

内側に冷感タオル用の素材を使っているので、水に浸して軽く絞り、空気に触れさせると、冷たくなります。乾いて効果がなくなってきたら、また水でぬらせばOK。外なら、ペットボトルの水で濡らすと便利です。

資料